undefined 現在の閲覧者数:
FC2ブログ

TALLIE 

改札口 熊本のスミス先生から電話がありました。「ボード先生に頼みがあります。夏の間に私の教会で奉仕をしたアメリカ人が次の土曜日の午前8:00に北九州空港→羽田に行きます。先生に小倉駅まで彼女を迎えに行って、金曜日の夜に何処かに泊めて、そして次の朝に空港まで送っていただけないでしょうか?」私は先生の願いを聞き入れました。
次の日に本人が私に電話してきて、電車の到着時間を教えてくれました。私は彼女に聞きました。「What's your name?」「My name is Tallie.」
私は今までにその名前を聞いた事がなかったので、彼女にスペルを聞きました。(後で分かりましたが、Tallieはあだ名で、本当の名前はTalithaです。聖書のマルコ5:41に出てくる名前です)

後で私は考えました。「彼女に会った事がないから、駅に行って、どうやって見つけたらいいのか」私は紙に「Tallie」と大きい字で書いて、駅の改札口に立って、その紙(プラカードの様な)を持ち上げました。それを見た彼女はニッコリ笑って、私の所に来て言いました。「I am Tallie」その晩Tallie姉は小倉教会に泊まりました。次の朝、私は彼女を北九州空港まで送りました。

神様は、私がTallie姉のためにしたのと同じ様な事をしておられると思います。主は天国の入口に立って1枚の紙を持ち上げておられます。その紙に書いてある名前はそれを見る人によって変わります。すなわち、一人ひとりがその名前を見る時、自分の名前を見ます。なぜなら、聖書によると神様は一人ひとりを招いておられるからです。

主の最も有名な招きはマタイ11:28に書いてあります。「すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。」

聖書はキリストが全ての人々のために死んで下さった事を明白にのべています。「キリストは、私たちの罪のための、――私たちの罪だけでなく全世界のための、――なだめの供え物なのです。」 Ⅰヨハネ2:1~2

神様は全ての人々の救いを望んでおられます。「神は、すべての人が救われて、真理を知るようになるのを望んでおられます。 」Ⅰテモテ2:4

主の御手に貴方の名前が書いてある招待状があります。キリストを信じる信仰によってその招きに応えましょう。

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN
  
copyright © 2005 小倉聖書バプテスト教会よりメッセージ all rights reserved. Powered by FC2ブログ