undefined 現在の閲覧者数:
FC2ブログ

どんなことでも? マジで〜? 

もし、私がすべてのクリスチャンに暗記すべき個所のリストを作ったら、ピリピ人への手紙4:13が、そのリストに入ります。
「私は、私を強くしてくださる方によって、どんなことでもできるのです。」
本当にどんなことでもできるのでしょうか。
私は、アメリカの大リーグのワールドシリーズの第7戦の9回の裏に満塁サヨナラホームランを打ちたい。
私に、それができると思いますか。
もちろん78歳には無理です。

では「どんなことでも」とは、どんな意味でしょうか。
私たちがやりたいことではなく、私のやるべきことです。
すなわち、神様の御心であることです。

もし、皆さんは、17歳の頃の私を知っていたら、おそらく私は、宣教師になることは不可能だと思ったでしょう。
私は、気の小さい、内気な少年でした。
しかし、私が宣教師になる事は、神様の御心でした。
主が与えてくださった御力によって宣教師になることができました。

全てのクリスチャンを2つのグループに分けることができます。
「できる」クリスチャンと「できない」クリスチャンです。
何かの奉仕をするように、あるいは、何かの決心をするように主に導かれる時「できない」と答えないで「私は、私を強くしてくださる方によって、どんなことでもできるのです。」と答えましょう。

私たちを強くしてくださる「方」は、誰ですか。
英語の聖書を見れば分かります。こう書いてあります。
「私は、私を強くしてくださるキリストによって、どんなことでもできるのです。」キリストが私たちを強くしてくださいます。
私たちは、主の御心を行うことができます。
どんなことでも? はい。 そうです。

  
なんでもできる 

ALL THINGS?  REALLY? 
If I made a list of passages that all Christians should memorize, Philippians 4:13 would be on that list.
I can do all things through Christ who strengthens me.
All things? Really? 
 I want to hit a walk-off bases-loaded home run in the bottom of the ninth inning of the seventh game of the Major League World Series. Do you think I can do it? Of course, it’s not possible for a 78-year-old man like me.

Well, what is the meaning of “all things?” It is not the things we want to do but the things we ought to do. In other words, the things that are the will of God.

If you could have known me when I was 17 years old, you probably would have thought that it would be impossible for me to become a missionary. I was a timid, shy teenager. However, my becoming a missionary was the will of God, so through the strength that God gave me, I was able to become a missionary.

All Christians can be divided into two groups – the “I can” Christians and the “I can’t” Christians. When we are led by the Lord to do some sort of service or make some sort of decision, instead of replying, “I can’t,” let us reply, I can do all things through Christ who strengthens me.

Because Christ will strengthen us, we can do the will of God. All things? Yes, all things.

観客のいないスポーツ 

皆さんがよく知っているように、私は、大のスポーツファンです。
中学生の頃は、毎日公園で友達と野球・バスケットボール・アメリカンフットボール等をして遊びました。
現在私は、スポーツをする事はできませんが、テレビでスポーツ観戦を楽しみにしています。

しかし、最近テレビで野球・相撲・プロレス等を見ることは、あまり楽しくありません。
なぜなら、観客がいないからです。
初めて観客のいない相撲を見た時、私は、ビックリ驚きました。
取組は、いつもの関取でしたが、ファンの応援がない相撲の面白さは、半減します。
やはり、ファンの応援が作り上げる雰囲気や高揚感は、選手達に励ましや一生懸命頑張る精神を与えます。

スポーツ選手とファンの関係は、教会の牧師と教会員との関係に似ています。
教会員の応援は、牧師の勤めを充分に果たす励ましを与えます。
もちろん、牧師は、説教の途中で教会員に「ボード先生〜、かっとばせ〜!」と叫んでもらいたくありませんが、教会員は、下記の三つの方法を通して牧師を応援することができます。

①牧師のために祈ってください。パウロは、エペソの信者たちにこの祈りを頼みました。
「私が口を開くとき、語るべきことばがあたえられる、福音を大胆に知らせることができるように私のために祈ってください。」エペソ人への手紙6:19

②一致を保ってください。パウロは、ピリピの信者たちに頼みました。
「私の喜びが満たされるように、一致を保ち、同じ愛の心を持ち、心を合せ、志を一つにしてください。」
ピリピ人への手紙2:2

③出席と奉仕と献金を忠実に続けてください。
「時が良くても悪くけてもしっかりやりなさい。」
Ⅱテモテへの手紙4:2

  
SPORTS WITH NO FANS 

SPORTS WITH NO FANS 

As all of you know, I am a sports fan. When I was a junior high school student, I played baseball or basketball or American football at the park with my friends every day.
Now I cannot play sports anymore, but I enjoy watching sports on TV.

However, right now watching baseball or sumo or pro wrestling on TV is not very interesting because there are no fans. The first time I watched sumo with no fans, I was surprised.
They were the same wrestlers, but sumo is only half as interesting when there are no fans. After all, it is the atmosphere created by the cheering of the fans that gives the athletes the spirit to strive with all their might.

The relationship of athletes and fans in sports is similar to the relationship of pastors and church members.
It is the support of the members that gives the pastor the encouragement to make full proof of his ministry.
Of course, the pastor does not want the members to shout, “Pastor, hit it out of the park!” during his sermon, but members can support the pastor in three ways.

1. Pray for the pastor. Paul asked the believers in Ephesus to pray this prayer.
Pray for me, that utterance may be given to me, that I may open my mouth boldly to make known the mystery of the gospel. (Ephesians 6:19)

2. Maintain unity. Paul made this request to the believers in Philippi.
Fulfill my joy by being like-minded, having the same love, being of one accord, of one mind.
(Philippians 2:2)


3. Be faithful in attendance, giving, and service.
Be instant in season and out of season.
(Second Timothy 4:2)

してはいけないマスク 

マスクをしなければならない生活は、もう嫌です。
すでに6月だからマスクをつけると暑い。
そしてマスクをして呼吸をするする度に眼鏡が曇ってしまいます。今、私がマスクで最も困っていることは、マスクを忘れることです。
最近、二度ほど買物に行く途中、マスクを忘れて来た事に気がついて、マスクを取りに戻らなければなりませんでした。

この三つの事で私は、早く新型コロナウイルスの収束を願っていますが、マスクをしなくても良いと言われるまで私たちは、外出する時にはマスクをするべきです。

しかし、しては、いけないマスクもあります。
それは、偽善者のマスクです。
英語の聖書に「Hypocrite」と書いてあります。
「Hypocrite」 と翻訳されたギリシャ語の単語の意味は「マスクをする人」です。

偽善者のマスクをしている人の特徴は、この三つです。
①人にほめられたい
「施しをするときには、人にほめられたくて会堂や通りで施しをする偽善者」マタイの福音書6:2

②人に見られたい
「祈るときには、偽善者たちのようであってはいけません。彼らは、人に見られたくて会堂や通りの四つ角に立って祈る。」マタイの福音書6:5

③ほかの人の罪を攻めるけど、自分自身の罪を無視する
「偽善者たち。まず、自分の目から梁を取りのけなさい。そうすれば、はっきり見えて、兄弟の目からも、ちりを取り除くことができます。」マタイの福音書7:5

教会に来る時、自分をウイルスから守るマスクをしましょう。しかし、偽善者のマスクをしては、いけません。

  
Mask01 

A MASK WE SHOULD
NOT PUT ON 


I do not like a life where we must wear a mask. First, the mask is hot. Also, every time I breathe, my glasses get fogged. But the thing that bothers me the most is forgetting my mask. Recently two times when I was on the way to the store, I realized that I did not have my mask, so I had to return home to get it.

For these three reasons I want the Corona virus to disappear as soon as possible; however, until we are told that it is okay not to wear a mask, every time we go out, we should put on a mask.

However, there is one mask that we should not put on. It is the mask of the hypocrite. The meaning of the Greek word that is translated “hypocrite” is “one who wears a mask.”

These are the three characteristics of the person who wears the mask of the hypocrite. First, they like to be praised by others.
When you do a charitable deed, do not sound a trumpet before you as the hypocrites do in the synagogue and in the streets, that they may have glory from men. (Matthew 6:2)

They like to be seen by others.
When you pray, you shall not be like the hypocrites. For they love to pray standing in the synagogues and on the corners of the streets, that they may be seen by men. (Matthew 6:5)

They rebuke the sins of others but ignore their own sins.
Hypocrite! First remove the plank from your own eye, and then you will see clearly to remove the speck from your brother’s eye. (Matthew 7:5)

When we come to church, let us wear a mask to protect us from the virus, but we must not wear the mask of the hypocrite.

今、彼は見える! 

1982年頃、その時一緒にいた牧師は、私に話を持ち掛けてきました。「一緒に開拓伝道をしませんか?」
そして私は賛成しました。
ある日彼は、私を甘木市(現在:朝倉市)に連れて行ってくれました。
その日、初めて稲本兄姉御夫妻に会いました。
二人とも視覚障害者でした。

稲本兄は、自宅で鍼灸院の仕事をしていました。
一緒に行った牧師は、その鍼灸院の一室で聖書の学びと祈り会をして家庭集会が始まり毎週、集会を催しました。
これが私と稲本兄との38年間の交わりの始まりでした。
私と一緒に甘木市に行く人は、何度も変わりましたが、牧師が与えられるまで私は毎週、甘木市まで通いました。

稲本兄は、フルートの奏楽がとても上手でした。
私は、彼のフルートの特別賛美によって大変恵まれました。
涙が出るほど感動し祝福も受けた事も多々ありました。

そして5月28日に稲本兄は、天に召されました。
今、彼は見える。彼よりも先に天に召された奥さんと初めてお互いに顔を見ることができました。

神様がキリストを信じる人々のために用意しておられる天国は、なんというすばらしい場所でしょうか!

「盲人の目は開かれ、耳しい者の耳はあけられる。足なえは鹿のようにとびはね、おしの舌は喜び歌う。」
イザヤ35:5-6
「もはや死もなく、悲しみ、叫び、苦しみもない。」
黙示録21:4


   
彼は見える   

HE CAN SEE NOW! 

Somewhere around 1982 another pastor asked me, “Would you like to do some pioneer evangelism together?” I agreed, so one day he took me to Amagi. That day I met Brother Inamoto and Sister Inamoto for the first time. Both of them were blind.

Brother Inamoto did acupuncture work in a room in his house, so the other pastor and I decided to begin a weekly Bible study in that room. This was the beginning of my 38-year-long fellowship with Brother Inamoto. The people who went with me to Amagi changed many times, but until a pastor came to the Amagi church, I went every week for many years.

Brother Inamoto could play the flute very skillfully. I was often greatly blessed by his special music. There were many times when I was so blessed that I cried.

On May the 28th Brother Inamoto went home to be with the Lord. He can see now. He and his wife, who had already gone home to be with the Lord, were able to see each other’s face for the first time.

How wonderful is the place that God is preparing for every person who believes in Christ!
The eyes of the blind shall be opened, and the ears of the deaf shall be unstopped. The lame shall leap like a deer, and the tongue of the dumb sing.
(Isaiah 35:5-6)
There shall be no more death, nor sorrow, nor crying. There shall be no more pain.
(Revelation 21:4)

死んだ者たちと生きている者たちとの間に立つ 

1994年1月17日午前4:30頃ロサンゼルス市ノースリッジ地方でマグニチュード6.7の直下型地震が発生。
男性がちょうどその時、高速道路を車で走行していました。
橋を渡る寸前でしたが、途中で彼は、前方車のテールライトが急に消えたのに気付き、車をストップさせました。
見に行った時、その光景に驚きました。
橋の中央部分は、地震の衝撃により寸断され落下していました。
他の車も橋に次々に近づきました。
彼は、必至に手を振ったのに、無視して4台の車は、次々に落ちてしまいました。

次にバスが近づいて来ました。
彼は、シャツを脱いで一生懸命それを振りました。
バスは、徐々に近づいてきましたが、彼は、高速道路のセンターに立ち体を張って動こうとしませんでした。
バスは、それを見て止まりました。
バスの運転手は、橋の危険な状態を察知して、バスを横付けにして道を塞ぎました。

この話を牧師の説教を通して聞いた時、私は、民数記16:48に書いてある言葉を思い出しました。
「彼は死んだ者たちと生きている者たちとの間に立った。」この言葉は、見事に神様の証人であるクリスチャンの任務を説明する言葉です。
聖書によると、キリストを信じていない人々は、滅びに向かっています。
マルコの福音書16:15でキリストは、私たちに彼らに福音を宣べ伝える任務を与えました。

橋がなくなっていると分かった人と同じように、私たちも滅びに向かっている人々に警告しなければなりません。「止まれ! 止まれ! あなたの道は、滅びに至る道です!」

また、バスの前に立って自分の命を危険にさらした彼と同じように、私たちは、福音を宣べ伝えるために命を投げ出して、主の勇敢な証人となりましょう。

   
QUAKE 

STANDING BETWEEN
THE DEAD AND THE LIVING 


On January the 17th, 1994, at about 4:30 in the morning, a 6.7 magnitude earthquake occurred near Los Angeles. A man was driving on the expressway just at that time. He intended to cross a bridge, but when the taillight of the car in front of him suddenly disappeared, he stopped his car. When he went to look, he was amazed. The middle portion of the bridge had fallen into the sea because of the earthquake. Other cars were approaching the bridge, so he waved his hands frantically, but four cars fell into the sea.

This time a bus came. He stood in the middle of the road, took off his shirt and waved it desperately. The bus came closer and closer, but he would not move, so the bus stopped. When he heard about the bridge, the bus driver used the bus to block the road.

When I heard this story in the sermon of another pastor, I remembered the words written in Numbers 16:48.
He stood between the dead and the living. These words brilliantly explain the mission of Christians who are the witnesses of God.
According to the Bible, people who do not believe in Christ are headed to destruction. In Mark 16:15 Christ gave us the mission to preach the gospel to them.

Like the man who realized that the bridge was gone, we too must warn people who are headed to destruction.
“Stop! Stop! Your way is the way that leads to destruction!”

Also, like the man who stood in front of the bus and risked his life, let us hazard our lives for the gospel and become courageous witnesses of the Lord.

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN
  
copyright © 2005 小倉聖書バプテスト教会よりメッセージ all rights reserved. Powered by FC2ブログ